ブータン旅行ガイド・ブータン国内の旅行情報について

ブータン旅行ガイド ティンプー・パロ

ブータンを旅行する際に訪れることの多いティンプーとパロについてご紹介します。

ティンプー(Thimphu / ཐིམ་ཕུ་)

ブータン王国の首都で、王様の居住地であり、国内最大の都市、ティンプー。
ブータンの他の町や村では見られないほどの車が走り、店があり、行き交う人々もどこか垢抜けた感じのある町です。それでも町中には信号はひとつもなく、町の中心といえるノルジン・ラム通りとチョルテン・ラム通りの交差点では警察官が日夜て信号で車を捌いている、どこかのんびり感のある首都です。
町は谷に挟まれた川(ティンプー・チュ)に沿って南北に細長く広がっています。タシチョ・ゾンや国会議事堂などの官公庁が町の北部にあり、中心部はその南、そしてさらに南のパロ、チュゾム、プンツォリンに続く車道沿いのエリアは開発が急ピッチで進められていて、鉄筋アパートやショッピングモールが続々と建設されています。今後数年で「旧市街」と「新市街」というような構図が出来上がるのかもしれません。

ティンプー中心部(Thimphu City Centre)

ティンプー市内中心部のノルジン・ラム通り

ノルジン・ラム通りとチョルテン・ラム通りの交差点街の中心はノルジン・ラム通り沿いにある時計塔広場周辺あたり。ドラゴンツアーズでは通常この周辺のホテルを手配しています。時計塔広場からノルジン・ラム通りを少し北に進むと、警察官が手信号で車を捌く交差点があり、ここから数百メートルにわたってショッピングストリートになっています。ゴやキラを扱う店もいくつかあり、初日にここで仕立てて旅の間着てみるのもお勧めです。
ノルジン・ラム通りの西側を並行して延びる通称・ホンコンストリート、東側のチャンリミタン競技場寄りのチャン・ラム通りにはレストランやカフェ、バーが増えつつあります。

タシチョ・ゾン(Trashi Chhoe Dzong)

ブータン王国の中枢・タシチョ・ゾン

タシチョ・ゾンは国王の執務室や各官公庁、そしてブータンにおける仏教の頂点に立つ最高僧ジェ・ケンポの居室がある、いわばブータン王国の中枢を担う施設です。
元々は現在のデチェン・ポダンの場所に建てられたドゲン・ゾン(Dho-Ngen Dzong:青い石のゾンの意)が、1641年にシャブドゥン・ガワン・ナムゲルのものとなりタシチョ・ゾン(偉大なる宗教の砦)と呼ばれうようになったのが由来です。タシチョ・ゾンには僧侶や行政官などを集中させていましたが、増改築に限界あったことや1771年の火災などで被害を受けたことから新築・移転し、その後も増改築が繰り返され現在見られるような姿になりました。
釘を使わずに木材を組み合わせるブータンの伝統工法で建築された赤と金で彩られた細かな装飾の美しい建物で、その大きさもさることながら訪れる者にある種の威厳を感じさせます。
平日は17時〜18時、土曜・日曜は8時〜18時(冬季は17時まで)の間入場・見学が可能。

メモリアル・チョルテン(National Memorial Chorten)

メモリアル・チョルテン(National Memorial Chorten)町の南のはずれにある純白の巨大な仏塔で、第3代国王ジグメ・ドルジ・ワンチュクの遺志により1974年建てられたものです。毎日参拝に訪れる人が絶えることはなく、時計回りに周回して祈りを捧げています。鍵が開いていれば内部の見学も可能。
中心部からはチョルテン・ラム通りを歩いて10分ほど。

チャンリミタン競技場(Changlimithang Stadium)

国王誕生日のセレモニー開催中のチャンリミタン競技場

ティンプー中心部の東側、ちょうど時計塔広場の裏手側にあるブータン最大の競技場です。1885年にウゲン・ワンチュクが諸勢力を破った「チャンリミタンの戦い」があった古戦場跡で、ワンチュク王朝が覇権を確固たるものとした場所でもあります。2008年に第5代国王戴冠式もここで行われ、その際に大規模な改修工事が行われました。観客席は北側と西側スタンドのみで、東側は王室関係者専用のロイヤルボックスとなっています。2月の国王誕生日には毎年セレモニーが行われますが、国王本人が出席するとは限らないのでご注意を。
隣には弓術「ダツェ」のグラウンドもあり、こちらではよく試合が行われているのを観ることができます。

ウィークエンド・マーケット(Weekend Market)

ウィークエンド・マーケット

ウィークエンド・マーケットで売られている野菜と果物ティンプーの町中で最大の市場で、土曜日と日曜日(場合によっては金曜日から)開かれています。場所はチャンリミタン競技場の裏手を川沿いに少し北上したところ。2階建てになっていて、中は結構広めですが所狭しと野菜、果物、米を売る農家の人の屋台で埋めつくされています。お香や仏具を扱う店もあります。
また、目の前にかかる橋を渡って対岸へ行くと、伝統工芸品や土産物などを売る別のマーケットが開かれているのでこちらも是非。

パロ(Paro / སྤ་རོ་)

ブータンで唯一の国際空港のある、いわば玄関口となる町がパロです。日本から飛行機でブータン入りする時には最初に訪れる町になります。
国際空港のある町ではありますが、人口は約15,000人の小さな町です。山がちなブータンにあって比較的平野が多く、川(パロ・チュ、ド・チュ)の豊富な水量にも助けられてブータン随一の米どころとしても知られています。

パロ中心部(Paro City Centre)

パロ中心部(Paro City Centre)

パロ・ゾンから見下ろしたパロ市街地町の中心は空港・ティンプーに繋がる北西から南東に伸びる車道沿いの数百メートルの範囲内で、十分歩いて回ることができます。メインストリートには商店が並んでいて、みやげ物屋も多くあります。その南側(川と反対方向)には近年範囲が広がりつつある新市街があり、銀行や郵便局はこちら側にあります。

ホテルは中心部から北東のエリアか、南側の高台エリア(ジェプテイ Geptey)に多くあります。ジェプテイは丘の上にあるため眺めのいいホテルは多いものの、町まで若干距離があるので一度戻ってしまうと出にくいのが難点。

パロ・ゾン(Paro Dzong / Rinpung Dzong)

パロ・ゾン(Paro Dzong)

メモリアル・チョルテン(National Memorial Chorten)パロの町中の最大の見どころはやはりパロ・ゾン。正式名称はリンプン・ゾン(Rinpung Dzong:宝石の山のゾンの意)。元々はチベット仏教寺院のあった場所でしたが、1644年にシャブドゥン・ガワン・ナムゲルが、宗教的・政治的・軍事的要塞として建設しました。パロはチベットとインドの間にある交通の要衝でもあり、度々チベットの攻撃の対象となりました。1897年に起きた地震では大きな被害を受けなかったものの、1907年の火災で壊滅的被害を受けて再建されました。
パロの町から見て南東の丘の中腹にあり、入口は丘の上側、出口は下にあります。入口から少し離れた場所に石畳の広場があり、ここは春に行われるパロ・ツェチュのメイン会場となります。
見学を終えて出口から出ると川沿いまで坂道が続き、最後にニャマイ・ザン(Nyamai Zam)と呼ばれる伝統様式の橋を渡ります。この橋を渡って少し左に行くと、川と橋とゾンを入れた構図で写真が撮れるスポットがあります。
毎日9時〜17時の間入場・見学が可能です。

西岡チョルテン(Nishioka Chorten)

パロ谷を見下ろす丘に建つ西岡チョルテンはブータンの農業発展に大きく貢献した西岡京治氏を称える仏塔で、遺灰もここに安置されています。仏塔の前にはゾンカ語、日本語、英語で西岡氏の功績を伝える碑も設置されています。ダルシンの白い旗がはためき、広がる田んぼを見下ろせる気持ちの良い場所です。
西岡京治氏の功績については「ブータンと日本の関係について」の中でご紹介しています。

タクツァン僧院(Taktshang Goemba)

タクツァン僧院(Taktshang Goemba)

タクツァン僧院への登山道ブータンに数ある寺院・僧院の中で最も有名なのがこのタクツァン僧院。パロの谷から高さ900mの切り立った断崖の上に建つ聖地です。
タクツァンとは「虎のねぐら Tiger's nest」の意味で、チベット仏教をブータンにもたらしたパドマサンババ(グル・リンポチェ)が虎に乗ってこの地にやってきたことに由来しています。下から見上げると断崖絶壁にどうやって登っていくのか不思議ですが、しっかり整備された山道があるのでご安心を。ただ、山歩きに適した靴は必要です。また、砂埃がひどい時があるので口や鼻を覆うタオルなどがあると安心。中腹にはレストハウスがあり、ランチ休憩をとることもできます。
山道を登り切ると谷を挟んだ向かい側に僧院の建つビューポイントがありますが、ここからまた200メートルほど一旦下って登るというある意味罠のようなルートがあります。入口までたどり着いたらカメラ、携帯電話、荷物をすべて預けて中を拝観することがあります。この僧院は複数の寺院で構成されていて、パドマサンババが3ヶ月に渡って瞑想をした洞窟のあるペルブ・ラカン、パドマサンババ八変化像のあるグル・サンジェム・ラカンなどがあり、場合によっては入れないものもありますがそれは運次第。
実はこのタクツァン僧院は1998年4月19日に不審火により全焼、2000年〜2005年にかけて巨額の予算を投じて再建されています。

タクツァン僧院はパロ中心部から北へ約8キロの位置にあり、崖の下までは車で行くことができます。駐車場からは整備されたハイキングコースを歩き、約1時間〜1時間30分でレストハウス、そこから約30分でタクツァン僧院に到着します。レストハウスで標高がちょうど約3,000mとなりますので、酸素濃度は薄くなってきています。ゆっくりと歩くことを心がけましょう。レストハウスまでは馬に乗って登ることも可能です。
ちなみに実現するのはいつになるか全くの未定ですが、駐車場からレストハウスまでケーブルカーかロープウェーを建設するプランも存在します。

キチュ・ラカン(Kyichu Lhakhang)

キチュ・ラカン(Kyichu Lhakhang)

キチュ・ラカンはパロの中心部から川沿いに5キロほど北上した場所にある寺院で、659年にチベット(吐蕃)王ソンツェン・ガンポによって建立されたものとされています。ソンツェン・ガンポは仏教の布教のために108の寺院を建立したとされていて、そのうち現存するのはこのキチュ・ラカンとブムタン地方のジャンパ・ラカンのみとなっています。
旧堂(ジョ・ラカン)と新堂(グル・ラカン)が寄り添うようにして建っていて、新堂は1968年に第3代国王の王妃ケサン・ワンチュクによって建立されたものです。旧堂には本尊であるお釈迦様と千手観音が、新堂にはパドマサンババ像が安置されています。小さな中庭にはミカンの木が一本立っていて、不思議な空間となっています。

ドゥゲ・ゾン(Drukgyel Dzong)

ドゥゲ・ゾン(Drukgyel Dzong)

キチュ・ラカンからさらに北に7キロほど奥へ入ったところにあるゾン跡で、現在は廃墟となっています。
1644年のチベット侵攻戦の勝利を祝ってその侵攻ルート上に建設されたゾンで、1648年に再度チベットが侵攻してきた際にも大きな成果を挙げています。その後もパロ北部地方の行政の中心として機能していましたが、1951年にバターランプが火元の火災が発生してしまい焼失。残念ながら現在は草と苔に覆われた廃墟となっています。
天気の良い日にはドゥゲ・ゾンの背後に、ブータンで2番目の高峰・チョモラリ(Jomolhari 7,326m)の姿を望むことができます。