ブータン王国の基本情報 ブータンの最新情報はこちらから

ブータンの祭りについて

ツェチュで披露される踊り、チャム

ブータン旅行の最大の見どころともいえる、ブータンの祭り。有名な「ツェチュ」をはじめ、各地で個性的なお祭りが開催されています。

ツェチュ

パロ・ツェチュの様子ツェチュとはゾンカ語で「月の10日」という意味で、各地のゾンや寺院で開かれるお祭りです。
これは、チベット仏教ニンマ派の開祖・パドマサンババ(グル・リンポチェ)の生涯において重要な出来事があった日はすべて太陰暦における月10日だったことに由来しています。

ツェチュは場所によって1日〜数日間と開催日数に開きはありますが、内容は基本的に同じでパドマサンババを称えるものとなっています。

チャム

仮面をつけた僧侶が躍動感あふれる踊りと音楽でパドマサンババの生涯と教えを再現する「チャム」が最大の見どころ。
黒帽の舞「シャナ」、太鼓のバチで叩いてもらうことでご利益があるとされる「ギン・タン・ツォリン」、死後の閻魔による裁き「ラクシャ・マンチャム」などの舞が祭りの間プログラムが組まれて披露されます。
外国人にとっては純粋に娯楽として楽しめますが、本来はチベット仏教の教えを一般民衆に分かりやすく伝え、かつ法要の意味合いが込められている神聖なものです。


トンドル

ティンプー・ツェチュで披露されるトンドル「トンドル」はツェチュの終盤で開帳となる、パドマサンババが中心に描かれた巨大な大仏画です。
各地のゾンや寺院に大切に保管されているもので、ツェチュやお祭りの時のみ開帳され、これを見るだけでご利益があるとされています。基本的に夜明けとともに開帳となり、法要がはじまります。
トンドルの開帳は必ず行われているというわけではなく、ツェチュや祭りによっては無かったり、数年に1回だったりすることがあります。

主なツェチュと祭り

パロ・ツェチュ(開催時期:3月〜4月頃)

最大規模のツェチュで、パロ周辺だけでなく全国から見物客が訪れ、アクセスの良さから外国人観光客も一番多い。

クジェ・ツェチュ(開催時期:6月〜7月頃)

ブムタン地方の中心ジャカルから少し北にある寺院、クジェ・ラカンで1日だけ行われるツェチュ。

ティンプー・ツェチュ(開催時期:9月〜10月頃)

首都ティンプーで行われるため、こちらも見物客は多めです。2008年からタシチョ・ゾン横の広場で開催されています。前日までティンプー・ドロチェンも開催されるため、ほぼ1週間お祭りが続きます。

ワンデュ・ツェチュ(開催時期:9月〜10月頃)

ワンデュ・ポダンの断崖の上にあるゾンで行われるツェチュ。ティンプー・ツェチュと時期が重なるためこの時期に行くとどちらも見学することができます。

トンサ・ツェチュ(開催時期:12月〜1月頃)

深い谷の中にあるトンサで行われるツェチュで、幻想的な雰囲気に包まれます。時期が時期だけに寒さ対策は万全に。

2012年〜2013年・各地の主なツェチュとお祭りの開催カレンダー
祭りの名称開催場所2012年の開催2013年の開催
ノマド(遊牧民)フェスティバルブムタン地方2月23日〜2月25日
プナカ・ドムチェプナカ2月27日〜3月2日2月15日〜19日
プナカ・ツェチュプナカ3月3日〜5日2月20日〜22日
チョルテン・コラの祭りタシ・ヤンツェ3月8日・22日
シェムガン・ツェチュシェムガン3月31日〜4月3日
パロ・ツェチュパロ4月2日〜6日3月23日〜26日
チュカ・ツェチュチュカ4月4日〜6日3月25日〜27日
クジェ・ツェチュクジェ・ラカン(ブムタン地方)6月29日6月18日
ティンプー・ドロチェンティンプー9月20日〜24日9月9日〜13日
ガンテ・ツェチュガンテ(ポブジカ)9月23日〜25日
ワンデュ・ツェチュワンデュ・ポダン9月23日〜25日9月12日〜14日
ティンプー・ツェチュティンプー9月25日〜27日9月14日〜16日
ガサ・ツェチュガサ9月25日〜27日
ジャカル・ツェチュジャカル(ブムタン地方)10月22日〜25日
オグロヅル祭りポブジカ11月11日
モンガル・ツェチュモンガル11月20日〜23日11月9日〜12日
ペマガツェル・ツェチュペマガツェル11月20日〜23日11月9日〜12日
タシガン・ツェチュタシガン11月21日〜24日11月10日〜13日
ドチュ・ラ峠祭りドチュ・ラ峠12月13日
トンサ・ツェチュトンサ12月21日〜23日2014年1月9日〜11日
ルンツェ・ツェチュルンツェ12月21日〜23日2014年1月9日〜11日
ブータン政府・政府観光局発表のデータを基に作成しておりますが、変更となる可能性がありますのでご注意ください
※ワンデュ・ツェチュは2012年6月の火災の影響により、今後の開催は流動的です。