ブータン王国の基本情報 ブータンの最新情報はこちらから

ブータンの通貨

ブータンの通貨は「ニュルタム Ngultrum」と補助通貨「チェトラム Chetrum(100チェトラム=1ニュルタム)」で、「Nu 100」のように表記されます。

レートはインド・ルピーとの固定相場制で、1ルピー=1ニュルタムとなっています。そのため、ブータン国内ではインド・ルピーも流通していて、紙幣がニュルタムとルピーのごちゃ混ぜになることもよくあります。ただし、ニュルタム紙幣はインド国内では使えないので持ち出しは要注意です。

ニュルタムは紙幣と硬貨があり、紙幣は1、5、10、20、50、100、500、1000ニュルタムの8種類、硬貨は1ニュルタムと25、50チェトラムの3種類が流通しています。
2006年以降順次各紙幣の更新が行われており、現在は「Series 2006」と「Series 2011」が発行されています。

2006年発行の1ニュルタム紙幣

「Series 2006」の1ニュルタム紙幣の裏面。シムトカ・ゾンが描かれています。

ブータン旅行でのお金の持込みと両替について

ティンプー市内のブータン銀行のオフィス

ニュルタムはブータン国外で入手するのは非常に困難なため、事前にすぐ使える通貨を用意しておく場合はインド・ルピーを用意することになりますが、外国人の持ち込み制限や後々の再両替を考えると日本円またはUSドルを持ち込むのが無難といえます。
日本円はそのまま通用しませんが、USドルはホテル、レストラン、ティンプーやパロの土産物屋などではそのまま通用するケースが多くあります(ただし、お釣りは殆どの場合ニュルタムで返ってきます)。ただ、高額のUSドル紙幣は受け付けてもらえないので、極力20ドル以下の紙幣をご利用ください。
ただ、基本的にブータン旅行では旅行費用そのものは事前決済となるため現地での支払いはあまり多く発生せず、事前決済に含まれないものの支払い(レストランのドリンク代、チップ、町での買い物など)程度となります。

2012年5月現在のレートは以下のとおりです。(実際のレートは各銀行・金融機関の最新のものをご参照ください)
100ニュルタム=¥150|¥100=68.00ニュルタム
100ニュルタム=USD1.80|USD1.00=55.00ニュルタム


ニュルタムの現金はブータン国内であれば容易に両替・入手することが可能です。
ブータン国内にはブータン銀行(BOB Bank of Bhutan)、ブータン国立銀行(BNB Bhutan National Bank)、ドゥクPNB銀行(Druk PNB Bank)、などの支店・カウンターが国内各地にあり、日本円・USドル・ユーロを始めとする主要通貨の両替が可能です。ただし、ティンプー、パロ、プンツォリン以外の田舎ではその場での両替が出来なかったりする場合があるので要注意。レートはインド・ルピーとそれぞれの通貨のものが適用されますが、小額を両替する場合は通常レートが悪くなります。両銀行とも、両替手数料は無料です。ただし、トラベラーズチェックの換金には1%の手数料が発生します。
ティンプー、パロの一定以上のホテルではレセプションでの両替が可能ですが、ニュルタム(もしくはルピー)紙幣がちゃんと揃っていないことも多くあります。
パロ空港の銀行カウンターでは、ニュルタムへの両替はもちろん、ニュルタムからの再両替も可能です。基本的にはUSドルまたはルピーへの両替となりますが、手持ちがある場合はタイバーツ、日本円に両替してもらうことも可能ですので、まずは聞いてみると良いでしょう。

ティンプー市内のATM ブータン国内にはBOB銀行・BNB銀行・PNB銀行のATMが数多く設置されていますが、基本的に両銀行での口座所有者のみを対象としたATMで、原則としてPLUS/CIRRUSの国際ネットワークを介した現金引き出し、またはクレジットカードによるキャッシングは利用できません。今後、上記は利用できるようになる可能性がありますが、現時点では公式に発表されているものはありません。

ブータン国内の各銀行のWebサイト
ブータン銀行(BOB):http://www.bob.bt/
ブータン国立銀行(BNB):http://www.bnb.bt/
ドゥクPNB銀行(PNB):http://www.drukpnbbank.bt/

クレジットカードの利用について

ブータン国内ではまだクレジットカードでの支払いは一般的ではなく、利用できるのは一部の高級ホテル、レストラン、土産物屋に限られます。その場合でもVISA、マスターカードのみというケースも多いため、アメリカン・エキスプレスやJCBなどはあまり利用できる場所がありません。